京都府予防接種相談センター

京都府からの委託により、京都府民等を対象に実施している予防接種の電話相談センターです。保健師と小児科相談医が担当しています。
以下のような内容にお答えしています。お気軽にご相談ください。

  • 予防接種に関する疑問・質問
  • 予防接種の受け方やスケジュールについて
  • 予防接種が受けられる医療機関情報について
  • 海外渡航時の予防接種について

※京都予防医学センター附属診療所では、定期の予防接種は実施しておりません。

電話相談窓口

実施曜日:
毎週 月・木・金 曜日(休館日・祝日は除く)
受付時間:
09:00~17:00
電話番号:
075-811-9131(代表)
※ 「予防接種相談係まで」とお伝えください。
※ 回答にお時間をいただく場合がございます。
※ 担当者不在の場合は、折り返しお電話させていただきます。

お役立ちホームページ

■ 京都府医師会「予防接種関連情報」(京都府内の医療機関を検索できます)
  ⇒ http://www.kyoto.med.or.jp/service/vaccination.shtml
■ 厚生労働省検疫所FORTH(海外渡航のための予防接種情報が豊富です)
  ⇒ http://www.forth.go.jp/index.html
■ 公益財団法人 母子衛生研究会「子どもの感染症と予防接種情報」
  ⇒ http://www.mcfh.or.jp/jouhou/kansensyou-yobousessyu/
■ 国立感染症研究所「予防接種情報」
  ⇒ http://www.nih.go.jp/niid/ja/vaccine-j.html

よくある質問

子供の予防接種はいつから、どんなスケジュールになりますか?
定期接種がスタートするのは生後2か月のヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンからです。複数回の接種が必要なワクチンが多く、接種間隔が決められていますので、全体のスケジュールを見た上で、かかりつけの小児科で接種スケジュールを一緒に立ててもらいましょう。新生児訪問の際や、お住まいの市町村の予防接種担当課にも相談することができます。

母子衛生研究会「予防接種カレンダー」
 ⇒ http://www.mcfh.or.jp/jouhou/kansensyou-yobousessyu/contents07.html
国立感染症研究所「予防接種スケジュール」
 ⇒ http://www.nih.go.jp/niid/ja/vaccine-j/2525-v-schedule.html
日本小児科学会「予防接種スケジュール」
 ⇒ https://www.jpeds.or.jp/modules/general/index.php?content_id=9

予防接種ができる病院はどこですか?予約は必要ですか?
定期(法定)の予防接種を実施している医療機関は、京都府医師会ホームページの「予防接種関連情報」内で検索することができます。
 ⇒ http://www.kyoto.med.or.jp/service/vaccination.shtml
予防接種は予約が必要です。受診前に各医療機関にご連絡ください。
予防接種が受けられなかったり、スケジュールが乱れたときは?
定期接種の年齢枠内であれば、気付いた時点でスケジュールを立て直し、接種をしましょう。対象年齢を外れている場合は、これまでの状況を勘案して必要な予防接種について任意接種を検討します。詳しくはご相談ください。かかりつけの小児科やお住まいの市町村の予防接種担当課にも相談することができます。
妊娠中に予防接種はできますか?
生ワクチン(麻疹、風疹、ムンプス、水痘等)は接種できません。これらのワクチンは念のため接種後2か月は避妊が必要なワクチンです。不活化ワクチン(インフルエンザ、A型肝炎、B型肝炎等)は必要があれば接種できます。主治医や接種医とよく相談しましょう。
授乳中に予防接種はできますか?
接種できます。母乳中にワクチン成分が混ざることがあっても、微量であり乳児に与える影響はないと考えられています。
海外渡航のための予防接種はどこでできますか?
インターネットで「トラベルワクチン」と検索すると、海外渡航者向けの予防接種外来を開設している病院を検索することができます。必要な予防接種や現地の状況は厚生労働省検疫所のホームページが便利です。A型肝炎やB型肝炎は6か月間で3回のワクチンを接種します。ワクチンの効果を得るにはある程度の時間が必要です。早めの準備をしておきましょう。

● 厚生労働省検疫所FORTH
 ⇒ http://www.forth.go.jp/index.html